[PR]

 男子ゴルフの今季メジャー初戦、マスターズ・トーナメントに出場する世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米)が開幕前日の5日、練習後に背中を痛めた。

 D・ジョンソンはこの日、谷原秀人と並んで球を打ち、練習ラウンドをこなしたが、悪天候で米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCが閉鎖となり、近くの宿舎に戻った後に階段から落ち背中を強打した。マネジャーがAP通信に対して「明日プレーできるように消炎剤の治療などをアドバイスされた」と明かした。

 D・ジョンソンは出場3試合連続優勝中と絶好調だが、マスターズでは2002年のタイガー・ウッズ(米)を最後に世界ランク1位の選手が優勝していない。

こんなニュースも