[PR]

 原発事故の自主避難者が故郷に戻れないことを「本人の責任」とした今村雅弘復興相(70)が6日、発言を事実上撤回した。避難者らの抗議に「反省した」と国会で答弁したが、過去にも被災地の心情を傷つける発言を繰り返してきた。復興相の資質が問われている。

 6日の衆院東日本大震災復興特別委員会の冒頭、今村氏は発言を求め、4日の閣議後会見でフリー記者に暴言を吐き、会見を打ち切った対応について「ご迷惑をかけ、おわびする。感情的になってしまった」と陳謝した。

 戻れない自主避難者を「本人の責任」と発言したことについて、今村氏は「自己責任という言葉づかいはよくなかった。自己判断で(帰らない)というつもりで言った」と説明。「(不服なら)裁判でも何でもやればいいじゃないか」と語った点は「折り合いがつかないときには、一般論として司法の判断に委ねることもある」と釈明した。

 「自己責任」発言について4日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら