[PR]

 太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及に向け、県が取り組みを加速している。研究開発や海外企業との連携などで県内企業を後押しする組織を新たに立ち上げ、企業の技術開発への補助金も拡大。ドイツの先進地ノルトライン・ウェストファーレン(NRW)州との連携も強化した。

 これまで県や外郭団体の県産業振興センターが担っていた企業支援を一元化し、より専門的にバックアップしていくために設立されたのが「エネルギー・エージェンシーふくしま」。6日、県の研究施設ハイテクプラザ(郡山市待池台1丁目)で開所式があった。県が県産業振興センターに運営を委託し、企業OBなど10人体制で発足した。

 特に企業単独では難しい海外での再エネ関連商品の販路拡大や共同技術開発のため、情報収集のほか連携先を紹介する。県内の再エネ展示会「リーフふくしま」や欧州での展示会で、県内企業や研究所の情報発信もする。服部靖弘代表(元・北芝電機社長)は「県内の再エネは種をまく時期が終わり、専門的支援で育てていく時期に入った」と話す。

 県はこのほか、再エネ関係の3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら