[PR]

 名古屋市瑞穂区の文化施設で2015年の使用開始直後に外壁にひび割れが多数でき、雨漏りが起きていたことが分かった。施工業者がミスを認め、今年2月まで約1年半をかけ、自己負担で補修した。ひびに詰め物をして塗装し直したため、真新しい建物の壁に「傷痕」が目立っている。

 問題の建物は、名古屋市瑞穂文化小劇場・図書館。1階が図書館、2~4階が劇場の複合施設で、鉄骨鉄筋コンクリート造り、延べ3150平方メートル。総工費約9億5千万円で、市内の建設業者が15年3月完成させた。

 同年7月に使用を始めたが、台風が過ぎた後の9月のある朝。職員がホール内の床がぬれているのを発見した。外壁のひびから雨水がしみ込んだらしい。業者に補修を依頼したが、その後、ほかにも雨漏りがあり、同市営繕課が全面調査を要求した。3、4階部分を中心に外壁に十数カ所のひび割れがあり、うち4、5カ所で雨漏りが確認されたという。

 この業者によると、ひび割れが多いのは高さ約20メートルの吹き抜け部分。現場でコンクリートを流し込んで壁を造る工事は一気にできず、高さ1・5~2メートルずつ慎重に積み上げたが、時間をかけ過ぎて先行部分が固まってしまい、うまく接合しなかったらしい。「当社の責任だ」と認め、数百万円の補修費を負担した。

 休館日に作業したため、補修完了は今年2月までずれ込んだ。小劇場は今も電気機器にカバーを付けるなどして雨漏りの用心をしているが、新たな雨漏りは起きず、図書館を含め設備や利用面で影響はなかった。

 一方、名古屋市は業者に施工ミ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら