[PR]

 6日午後2時ごろ、愛知県豊山町豊場の廃業ホテルの駐車場で、通行人の男性から「使われていない駐車場に車がとまっている」と西枇杷島署に通報があった。警察官が調べたところ、ホテル室内から身元不明の男性の遺体が見つかった。遺体には刺されたような傷が複数あった。県警は男性が何者かに殺害されたと断定し、7日に捜査本部を設置した。

 県警によると、ホテルは一部2階建ての平屋で十数部屋あり、20~40代とみられる男性は、南東の部屋の浴室に倒れていた。付近から凶器となるような刃物は見つからなかったという。

 現場は名鉄小牧線春日井駅から西に約3キロで、工場や畑が点在する地域。

 近くの住民によると、ホテルは数年前に廃業した後は廃虚になっており、夜中にごみを捨てに来る人もいたという。60代の住民男性は「夕方や夜に中高生のたまり場になっていた」と話した。