【動画】封じ手は開戦を告げる▲2五歩 将棋名人戦第1局2日目はじまる=戸田拓撮影
[PR]

 佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に稲葉陽(あきら)八段(28)が挑戦する第75期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が7日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で再開し、2日目に入った。中盤戦を迎え、挑戦者がリードを奪ったとみられている。

 佐藤名人が6日に封じた41手目は、攻撃開始を告げる▲2五歩。午前9時、立会人の塚田泰明九段が定刻を告げ、対局が再開した。

 後手のと金作りを受けた▲2五飛に対し、控室の棋士たちが首をかしげた。△8五桂を見た佐藤名人が再び考え込んでいる。解説を務める副立会人の鈴木大介九段は「佐藤名人が困っているようです。どう粘るかを考えているのでしょう」と話した。(村瀬信也)

     ◇

 〈2日目の指し手〉先手・佐藤名人 ▲2五歩(封じ手=41手目)△同歩▲3六飛△3五歩▲同飛△2六歩▲2五飛△8五桂

関連ニュース