[PR]

 春の訪れを告げるハクモクレンが、三田市末吉の古刹(こさつ)・方広寺で開花し始めた。あでやかで大きな花が魅力的で、週明けに満開になる見込み。今月中旬まで見ごろが続くという。

 方広寺は1679(延宝7)年の建立。「花と石庭の寺」で知られ、広さ約8ヘクタールの境内にハクモクレンが約60本ある。ソメイヨシノ約130本、シダレザクラなども植えている。

 ハクモクレンは冷え込みで開花が遅れていたが、最近の陽気で花が開いてきたという。ソメイヨシノも近く開花するといい、先代の亡父から世話を引き継いでいる鈴木忍明(にんみょう)住職は「里山が華やぐ春を楽しんでほしい」と話す。

 拝観料は高校生以上400円、小・中学生200円。ゆっくり見てもらうためにと、三脚を使った写真撮影は禁止。問い合わせは方広寺(079・569・0401)へ。(藤井匠)

こんなニュースも