[PR]

 秋田県人は「美人」と呼ばれるのにプレッシャーを感じている――。

 美容クリニック「あやべビューティークリニック福岡」(福岡市)が「日本三大美人」と言われる秋田県、京都府、福岡県の20~40歳代の女性計300人を対象に実施したアンケートによると、「地元が三大美人の地域とされるのにプレッシャーを感じる」と答えたのは、秋田の女性が37%で最も多く、福岡の18%、京都の12%を大幅に上回っていた。

 秋田の女性にどのような時にプレッシャーを感じるのかを聞くと、「自己紹介で出身地を言うとき」(37歳)、「テレビで『秋田美人をさがせ』のようなロケ番組を見たとき」(24歳)、「知人に『秋田美人紹介して』と言われたとき」(29歳)といった声が上がった。

 1年間に美容にかける費用の平均金額は、秋田は約5万円で、京都の約6万3千円、福岡の約7万1千円と比べて低かった。

 また、全国の男女約1600人への事前調査では、約6割が「美人と聞いて思い浮かべる都道府県」として秋田を挙げた。調査担当者は「『秋田美人』の全国的な知名度は高く、プレッシャーを感じる場面が多いのではないか」と話した。