[PR]

 「消防車、買いませんか」。山口県が財源確保の一環で、老朽化した消防車をインターネットオークションに出品する。全国の愛好家に人気の品という。

 県がインターネットサイト「ヤフー」の官公庁オークションに出品するのは、1987年式の消防車1台で、予定価格は19万2千円から。消防学校での訓練に使われていたが、経年劣化が激しいことから処分を決めたという。

 旧式で消防車としての使用は困難とみられるが、他の自治体では高値で落札されたケースもあり、担当者は愛好家の入札を期待している。

 落札希望者は、インターネット(http://koubai.auctions.yahoo.co.jp/k_yamaguchi/別ウインドウで開きます)で24日14時までに入札参加申し込みをすれば、来月11日からの入札に参加できる。21日には、県庁で下見会も開かれる。問い合わせは県物品管理課(083・933・3950)。(尾崎希海)