[PR]

 商工会議所などが開く新入社員研修に参加する中小企業が増えている。かつては「現場での教育」が中心だったが、ビジネスの基本を学んだり、社外に人脈をつくったりできる利点に注目する経営者が増えた。離職を防ぐ狙いもあるという。

 「名刺とは相手の分身ですよ! 大事に扱ってください」。6日、京都商工会議所が開いた「京商ビジネススクール 新入社員研修」の会場に、講師の声が響いた。生徒は4月に入社した約130人の新入社員。京都市内の老舗油販売店に入った前田紳作さん(25)は、「勉強になることばかりで、刺激になります」と話した。

 研修は2010年から始まり、今年は製造や販売、営業など計8コース15講座を用意した。期間中の17日までに、約1100人が参加する予定。最初の年の3倍以上に増えた。

 会議所によると、研修を利用す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら