[PR]

 大阪府は7日、関西空港内の事業所で働いていた従業員1人がはしか(麻疹)に感染したと発表した。

 感染したのは府内の20代女性。3月29日に発熱し、31日に医療機関を受診。検査の結果、今月6日にはしかと診断された。すでに快復しており、他に感染情報は確認していないという。

 府は3月28~30日に関空を利用した人で、発熱やせき、発疹などの症状がある人は医療機関に連絡するよう呼びかけている。