[PR]

 県内を訪れる外国人旅行者の増加で富士北麓(ほくろく)の観光業者がひと味違ったプランに知恵を絞っている。風景や食事を楽しむだけでなく、世界遺産富士山周辺の豊かな自然環境を生かした「体験型ツアー」が人気を集めている。

 県によると、昨年、県内の外国人延べ宿泊者数は約137万3千人(前年比9・6%増)。一昨年の統計では、富士北麓の宿泊者数が全体の約7割を占めた。

 一昨年秋に開業した宿泊施設「星のや富士」(富士河口湖町)はアカマツ林に囲まれた高台にあり、全室から富士山と河口湖が眺められる。澤田裕一(ひろかず)総支配人(44)は、全宿泊者に占める外国人客の現在の割合を、今の15%から30%まで高めたいと話す。

 てこにするのは「極上のアウト…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら