[PR]

 女性が参政権を得て初めて国政選挙で票を投じてから71年となる10日、政治分野の男女平等を求める集会が国会前(東京都)で開かれた。議会を男女均等にし、多様性のある政治を目指す「パリテ・キャンペーン実行委員会」が主催。約70人が参加した。

 実行委代表で上智大法学部の三浦まり教授は、1946年4月の衆院選で女性議員が39人誕生したものの、今も女性の衆院議員は44人にとどまっていることを挙げ、「71年かかって5人増えただけ。今の倍、さらにその倍と女性議員を増やして、男女均等の国会にしたい」と話した。

 参加者は、安全保障関連法に反対する活動を展開し、昨年夏に解散した学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーで日本女子大大学院の是恒香琳(これつねかりん)さん(25)らに合わせ、「おじさんだらけの議会はいらない」「政治も仕事も50(フィフティー):50(フィフティー)」「おじさんだけで法律つくるな」などとコールした後、女性の政治参画の重要性を訴えながら国会周辺を行進した。

 続いて、港区立男女平等参画センターでシンポジウム「世界がパリテ(男女均等)になったなら」が開かれ、約150人が参加した。衆院議員の野田聖子(自民)、山尾志桜里(民進)、池内沙織(共産)の各氏がスピーチ。野田氏は「政治は『男の仕事』じゃない。様々な個性が寄り集まって国民の声を代弁する仕事。そのためにも女性にどんどん出てきてほしいし、自分が出ないなら出る女性の良きパートナーとなってほしい」と訴えた。(三島あずさ)