[PR]

 10日午後0時15分ごろ、千葉県浦安市舞浜の東京ディズニーリゾート(TDR)にある劇場「舞浜アンフィシアター」から、「ワイヤでつるされていた人が転落した」と119番通報があった。転落したのは東京都世田谷区のパフォーマー吉野和剛(かずたか)さん(38)で、搬送先の病院で約1時間後に死亡が確認された。

 県警によると、吉野さんはワイヤにぶら下がって降りる際の速度を調整中に、約10メートル下の舞台に落ちたという。県警が関係者に事情を聴くなどして原因を調べている。TDRを運営するオリエンタルランドによると、劇場は舞台やコンサート向けの貸しホールで、10日は催しがなく客もいなかった。

 吉野さんが代表取締役を務める会社のホームページによると、吉野さんは世界的なアーティスト集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメンバーだった。有名アーティストのコンサートやテレビ番組に出演し、振り付けアシスタントとしても活躍していた。

 この日、劇場を借りていた「博報堂DYミュージック&ピクチャーズ」の広報担当者は、「このようなことが起きたのは残念で、ご遺族にお悔やみを申し上げます」と話した。会場の使用目的や吉野さんがしていた作業の詳細については回答しなかった。