[PR]

 米トランプ政権が原子力空母カールビンソンを朝鮮半島近海に向かわせたことを巡り、北朝鮮の国営メディアは11日未明、相次いで米国を非難した。北朝鮮内でも緊張が高まっている模様だ。朝鮮労働党の金正恩(キムジョンウン)委員長が最高指導者ポストの党第1書記に推戴(すいたい)されて5周年にあたる同日、平壌では国会にあたる最高人民会議が開かれる。

 朝鮮中央通信によれば、北朝鮮外務省報道官は10日、米空母の接近について「我が国に対する米国の無謀な侵略策動が重大な実践段階に入った」とし、「自らの行為が招く破局的な結果について、米国が全責任を負うようにする」と警告した。

 報道官は「我々は眉一つ動かさない。決して平和を哀願せず、超強硬に立ち向かって強い力で自分を守り、自らの進むべき道を行く」とも指摘した。

 また、北朝鮮軍総参謀部報道官…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら