【動画】一斉に宮島沼から飛び立つマガン=白井伸洋撮影
[PR]

 ラムサール条約に登録されている北海道美唄市の宮島沼に、北帰行を控えたマガンが集まっている。11日早朝は天気にも恵まれ、朝焼け空の中を一斉に飛び立つ姿が見られた。宮島沼水鳥・湿地センターによると、今季は最も多かった2015年の約8万羽に匹敵する数が、飛来しているという。宮島沼は渡り鳥の国内最終中継地とされ、周辺で餌を食べて栄養を蓄えた後、4月下旬に繁殖地の極東ロシアに向けて飛び立つという。(白井伸洋)