[PR]

 国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)は10日、世界貿易に関する報告書を共同で公表し、「世界経済における貿易の役割は重大な局面にある」と指摘した。こうした共同の報告書は珍しく、保護主義的な政策のトランプ米政権への警戒感が背景にあるとみられる。

 報告書では、貿易の自由化で、生産性の向上や生活水準の改善などの恩恵があったと指摘。「世界の成長を再び活性化するため、さらなる貿易による統合が重要だ」と強調した。

 「WTOに基づいた強固な国際貿易体制が重要だ」との文言も盛り込まれた。トランプ政権は、すでに公表した通商に関する報告書で、WTOを軽視する姿勢を示しており、クギを刺した形だ。

 一方、「欧米の一部地域での輸…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも