[PR]

 憧れ、目標、良き理解者。浅田真央選手(26)の背中を追って、多くの選手が滑り始めた。引退を受け、後輩たちはねぎらいと感謝の言葉を口にし、次への決意を新たにした。

 世界選手権で銀メダルを獲得した宇野昌磨選手(19)と、ソチ五輪出場の村上佳菜子選手(22)。2人は浅田選手と同じ愛知県出身で、名古屋市の「名古屋スポーツセンター」(大須スケートリンク)で滑り、ともに浅田選手の母校の中京大中京高校(名古屋市)、中京大(同)へと進学した。11日、同大豊田キャンパス(愛知県豊田市)で会見した。

 「真央ちゃんは最高の友達で、お姉さんで、憧れの人でした」。村上選手は高校進学の際、すでに卒業していた浅田選手から、名前の刺繡(ししゅう)入りのブレザーを譲り受けた。卒業後も大切にとってあるという。

 ソチ五輪後、若手選手の追い上げなどに悩んでいた時、「自分らしく滑ればいいんだよ」という浅田選手の助言に救われた。「感謝の気持ちでいっぱい。これからも友人として仲良く出来たらいいな」

 宇野選手は5歳の時、遊びに行った名古屋スポーツセンターで浅田選手と出会い、フィギュアスケーターを志した。「僕が今ここにいるのは真央選手がいたから。人生を大きく変えてくれた」と話す。

 出会った頃の浅田選手は「身近なお姉さん」。世界的な成功を収めてからも、親しく話しかけてくれた。トリプルアクセル(3回転半)がなかなか跳べずに悩んでいた数年前には、浅田選手がアドバイスしてくれ、ジャンプは宇野選手の武器になった。休みなく練習していた姿が印象に残っている。「努力をしなくてはトップに行けないことを学んだ。これから僕も頑張りますと伝えたい」

 この春、愛知みずほ大学瑞穂高…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら