[PR]

 「愛する家族を失ったあの時を思い出し、深い悲しみの記憶にさいなまれずにはいられません」。熊本県庁で営まれた犠牲者追悼式で遺族代表の冨永眞由美さん(58)=熊本市中央区=は、こう語り出した。

 昨年4月14日の前震後、冨永さんは2年ほど寝たきりだった母、津崎操さん(当時89)を車の助手席に乗せて避難。夜が明けて自宅に戻ったが、16日の本震で再び車へ。福祉避難所の存在は知ってはいたが、連れて行く間の車の揺れが体に良くないと思い、近くの駐車場で車中泊した。操さんは徐々に呼吸が途切れがちになり、車で連れていった病院で息を引き取った。

 日常が戻る中で気づき、芽生えた気持ちがある。近所の人の心温まる言葉やさりげない援助、新たな交流。「悲しくつらい地震でしたが、周りの人の優しさは、私の生活に希望の花を咲かせてくれました」

 義母(97)の介護や主宰する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら