[PR]

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、鶴保庸介沖縄・北方相は11日の記者会見で、移設中止を求める県の動きを念頭に「ポジショントーク(自身に都合の良い発言)するような向きも、ないではないかもしれない」と述べた。反対の声を上げて「気持ちよかったね、と終わったんじゃ意味もない」とも指摘した。移設反対の世論を軽んじた発言として、沖縄の反発を招く可能性もある。

 鶴保氏は辺野古移設を唯一の解決策とする政府の立場を強調した上で、「反対する側は解決策などの意見もあってしかるべきだ。(県の)一定の立場の方々は、(反対論を)言って終わりということではなく、建設的な意見を戦わせるべきだ」とも語った。

 移設計画をめぐっては、鶴保氏は昨年9月、政府と沖縄県の訴訟について「早く片付けてほしいということに尽きる」と発言し、批判を浴びた。(永田大)

こんなニュースも