[PR]

 日本は、多種多様な図鑑があふれる「図鑑大国」です。出版各社がしのぎを削る子ども向け学習図鑑の充実ぶりも、日本特有。在野の研究者の多さや収集好きなどの国民性も指摘されますが、近年は図鑑作りを支える屋台骨が揺らいでいます。

■図鑑ファン、あのマンガ家も

 初期の図鑑としては、どんなものがあるのか。千葉県立中央博物館の斎木健一さん(54)によると、薬草を紹介した貝原益軒の「大和本草」(1709年)や「本草図譜」(1830年)、飢饉(ききん)時の食用植物をまとめた「備荒草木図」(33年)が挙げられる。明治には日本人が初めて網羅的に書いた昆虫図鑑も登場。「日本千虫図解」は1904年の刊行から続編、新編と続き、約3千種の虫を収めた。

 一般向けとして33年に登場したのが「原色千種昆虫図譜」。当時珍しかった昆虫のカラー写真は、昆虫少年を熱狂させた。漫画家手塚治虫もその一人。彼の著書「ぼくはマンガ家」を読むと、小学5年の頃、友人から借りたことをきっかけに「俄然(がぜん)昆虫に魅せられてしまった」。ペンネームの「虫」の字は、オサムシという虫をこの図鑑で見つけて付けたのだという。

■「世界に特筆すべきレベル」

 出版各社による主戦場は学習図鑑だ。50年ごろに登場し、2009年に新しいタイプの図鑑が発売されるとブームとなり、いまも競争が続く。

 「大きさ」や「速さ」などの切り口でブームに火を付けた小学館。「NEO」シリーズは分類法が特徴だ。例えば「昆虫」は人気のカブトムシで始まらず、トビムシやイシノミなど地味な虫から。古い形質から進化の道筋をたどれるようにしたという。

 11年に「MOVE」シリーズ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら