[PR]

 甲州街道沿いに伝わる民話などを、二胡(にこ)や琵琶の調べに乗せて語るライブに、シンガー・ソングライターで二胡奏者の芳晴(よしはる)さん(相模原市在住)が取り組んでいる。ライブ「出陣の宴(うたげ)」は5月7日午後1時から、大月市御太刀2丁目の市民会館で。地元の「桃太郎伝説」にまつわる民話などを披露する。

 「甲州街道を行く」シリーズは、3月25日に小原宿本陣(相模原市緑区)で「正覚寺の狸(たぬき)和尚」を披露してスタート。26日に相模原市内で「櫛川姫」、4月2日に大月駅前の月カフェで「岩殿山の鬼退治」と、それぞれ地元の民話や伝説を題材に開催した。

 「甲州街道の民話をたどり、甲府までライブをつなげたい」と芳晴さん。シリーズを立ち上げたのは、「民話が生まれたその時代にはみんなが分かる言葉で語られたのと同じように、今の時代の分かりやすい言葉で語りかけ、民話に新たな魅力を吹き込みたい」との思いから。ライブでは二胡や琵琶に加えて、ギターも演奏して語りを盛り上げる。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら