[PR]

 11日夜、名古屋市緑区の路上を歩いていた女性から「男に液体をかけられた」との通報が2件続いた。愛知県警が傷害の疑いで捜査している。

 緑署によると、午後7時半ごろ、同区有松の路上で、同市の女性会社員(23)が正面から歩いて来た男にすれ違いざまに顔などに液体をかけられたという。女性は目の痛みを訴えている。

 午後9時10分ごろには、約3・7キロ離れた同区鳴海町の路上で、同市の女性会社員(30)が徒歩で追い越していった男に液体をかけられ、顔に熱さを訴えているという。署が二つの事件の関連を調べている。