[PR]

 12日午前7時10分ごろ、堺市西区浜寺石津町東1丁の大阪府道で、「道が沈んでいる」と通行人の男性から110番通報があった。府警によると、水道管の入れ替え工事現場の上に敷いていた鉄板(長さ約15メートル×幅約5メートル)が約30センチ沈み込んだ。けが人や巻き込まれた車はなかった。

 西堺署によると、現場は片側2車線で、沈んだのは東行きの中央分離帯寄りの部分。工事業者が深さ約2・5メートルの穴を掘り、その上を車が通行できるように鉄板を敷いていた。鉄板の下は空洞で、周辺のアスファルトごと沈んだという。

 府警は現場周辺を通行規制し、業者が復旧作業を進めている。