[PR]

 4月の平日の昼下がり。ラックス、リプトンなどのブランドを持つ世界的な消費財メーカー、ユニリーバの日本法人、ユニリーバ・ジャパン(東京)で働く浅尾康二さん(38)は、生後7カ月の双子の息子たちが寝返りを打つ横で、パソコンに向き合っていた。

 IT部門でマネジャーを務め、システムを使う企業の業務分析が主な仕事。週の半分は自宅のリビングが仕事場だ。1人でできる作業だけでなく、会議もスカイプを使い自宅でこなす。

 ならし保育の期間中で、息子たちの帰りは早い。3時間おきのミルクの時間は仕事を中断。「双子の子育ては妻だけでは大変なので願ったりかなったりの働き方。会社で『大丈夫かな』と心配しているより、子どもが見える方が精神的に楽。仕事もはかどります」 こんな働き方ができるのは、同社が昨年7月に導入した「WAA」という制度を利用しているから。「Work from Anywhere and Anytime」の略で「ワー」と読む。いつでもどこでも、好きなように働くことを認めるユニークな制度だ。

 平日午前6時~午後9時の間な…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら