[PR]

 デビュー11連勝の新記録を達成した将棋棋士の藤井聡太四段(14)が13日、大阪市福島区の関西将棋会館での対局に勝ち、連勝記録を「12」に更新した。竜王戦6組ランキング戦で星野良生(よしたか)四段(28)を破った。

 藤井四段は愛知県瀬戸市在住の中学3年生。昨年10月に史上最年少の14歳2カ月でプロ棋士になり、12月に公式戦デビューした。元名人の加藤一二三九段(77)ら格上の棋士を相手に勝ち続け、今月4日、記録が残る1954年以降で最多となる、デビューから負けなしの11連勝の新記録を達成したばかりだった。

 対局後、藤井四段は「記録を伸ばせて素直にうれしく思います。これからも普段通り自然体で臨みたい」と語った。(深松真司)