[PR]

鹿王院の仏牙舎利

 京都・嵯峨にある禅寺の鹿王院(ろくおういん)(京都市右京区)。室町幕府3代将軍足利義満が建立した宝幢寺(ほうどうじ)を開山した普明国師(ふみょうこくし)(春屋妙葩〈しゅんおくみょうは〉)が自らの塔所(たっしょ)として開きました。

 舎利(しゃり)殿の堂内には、華麗な彫刻や組み物で飾られた大きな厨子(ずし)があります。厨子内に安置された多宝塔に「仏牙(ぶつげ)舎利」が収められています。舎利といえば通常は釈迦の遺骨ですが、仏牙とは釈迦の歯です。歯は言葉を発する源であり、釈迦の教えの象徴として貴ばれています。

 舎利が熱烈に信仰された鎌倉時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも