[PR]

 高取町の与楽(ようらく)古墳群で、1体分の棺(ひつぎ)を納める横口式石槨(せっかく)を持つ方墳が新たに見つかった。町教育委員会は与楽キタヤマ1号墳と名付け、13日発表した。専門家は「横口式石槨は後に天皇クラスの墓にも採用される。広がる過程を考える上で貴重」と話す。

 与楽古墳群は古墳時代後期の古墳100基以上が点在。与楽鑵子塚(かんすづか)古墳、与楽カンジョ古墳、寺崎白壁塚古墳は国史跡に指定されている。渡来系氏族、東漢氏(やまとのあやうじ)の墓とみられている。

 与楽キタヤマ1号墳は一辺約13・5メートルの方墳。墳丘部分は残っていない。築造は7世紀中ごろとみられる。棺を置く石槨は長さ2・2メートル、幅80センチ。石英閃緑岩(せんりょくがん)の床石が3枚見つかった。羨道(せんどう)(通路)は長さ約2・5メートル、幅約1メートルで、床石と側石が見つかった。

 白石太一郎・大阪府立近つ飛鳥…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら