[PR]

■累積標高差約1650m しんどさ★★★☆(岐阜県各務原市・岐阜市・関市・坂祝町)

 上っては下り、下ってはまた上り返すこと数十回。各務原(かかみがはら)アルプスは標高300メートル前後の山をつないで歩く。北アルプスにも匹敵するしんどさだった。

 今月9日の日曜、岐阜県各務原市の伊吹の滝から入山した。雨が残っていたのでしばらく待機し、午前7時過ぎに雨具の上下を着けて出発した。下山口に近いJR高山線の坂祝(さかほぎ)駅まで約16キロある。所要時間を11時間と見込んだ。明るいうちに下山するぎりぎりだ。

 最初に目指す各務原権現山(標高約310メートル)まで標高差約260メートルを1時間ほどで登った。濃尾平野を一望でき、名古屋市の高層ビル群も見えた。山頂の案内板の写真には北アルプスや南アルプスも写る。

 次に目指す岐阜市の芥見権現山…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら