[PR]

 明治神宮(東京都渋谷区)の境内で液体をまいて鳥居などを汚したとして、警視庁は13日、建造物損壊容疑などで中国籍の女2人の逮捕状を取り、指名手配した。2人は既に出国しているという。

 捜査1課によると、指名手配されたのは、朴今玉(ピアオジンユイ)容疑者(49)と朴善愛(ピアオシャンアイ)容疑者(49)。2人は3日午前9時半~同11時過ぎ、明治神宮の境内で、第2鳥居や第3鳥居、祓舎(はらえしゃ)、南神門の4地点、計15カ所に油脂が含まれた液体をまいて汚した疑いが持たれている。液体が十字形にかけられている場所もあった。境内の防犯カメラに、スプレー缶のようなもので第2鳥居の柱に液体をかける2人の姿が映っていたという。

 2人は3月27日に中国・上海から那覇空港に入り、同月30日に同空港から大阪(伊丹)空港に移動。さらに4月1日、新幹線で東京に移動した。4日午前1時半に羽田空港から上海へ出国した。滞在していた都内のホテルにパスポートの写しが保管されていた。

 都内では4日にも、徳川家ゆかりの増上寺(港区)で国の重要文化財「三解脱門」の柱などが液体で汚される被害が発覚している。

 また4月1日から3日にかけ、京都市の下鴨神社、奈良県吉野町の金峯山寺(きんぷせんじ)、那覇市の首里城公園などでも液体をまいたような染みが相次いで確認されており、同庁で関連を調べる。