[PR]

 2025年に大阪での開催を目指す国際博覧会(万博)をめぐり、大阪府の松井一郎知事は14日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、海外メディアの記者らに「大阪の良さを知っていただくために、『一度、大阪に旅行に行けば』との声を広げていただきたい」とアピールした。

 大阪への万博誘致は、今月11日に政府が閣議了解したばかり。松井知事は14日、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに大阪湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」で開くといった、政府の万博構想について説明した。

 松井知事は、課題となっている資金調達について問われ、「(会場建設費は)東京五輪の新国立競技場の一つ分にも満たない金額。国と(地元)自治体、民間で経費は十分賄える」との認識を示した。誘致が実現しなければ、30年万博の誘致も目指すかとの質問には「僕は知事として与えられた任期内に決まる2025年を目指したい」と答えた。

 一方、学校法人「森友学園」(大阪市)の問題が、万博誘致に影響を与えるのでは、との質問も。「万博と森友学園とはまったくリンクしない」とした上で、学園側の刑事告訴について「まだ調査は終了していない。行政の調査結果を見た上で判断する」と述べた。(上田真由美)