[PR]

 米軍は13日、アフガニスタンで過激派組織「イスラム国」(IS)の地下施設を破壊するため、大規模爆風爆弾「モアブ」を使用したと発表した。非核兵器としては最大の破壊力を持つとされるが、実戦で使用されたのは初めて。北朝鮮への「政治的メッセージ」との見方もある。

 トランプ米大統領は同日、記者団に「もう一つの任務が成功した。この8週間で起きたことを見れば、(オバマ前政権の)過去8年間と比較して、とてつもない違いが分かるだろう」と述べ、先週のシリア攻撃に続き、敵対勢力に断固たる軍事的措置をとる姿勢を強調した。

 米空軍によると、アフガニスタン東部のナンガルハル州で現地時間同日午後7時半すぎ、ISが拠点とする地下複合施設に爆弾を投下。ホワイトハウスのスパイサー報道官は会見で「IS戦闘員が自由に動き、米軍やアフガニスタン軍を標的にしやすくしているトンネルや洞窟を狙った」と述べた。攻撃による被害は不明だ。

 同地域では、米陸軍特殊部隊員が8日に対IS戦闘で殺害されており、報復の意味合いがあるとみられる。現地のニコルソン米軍司令官は13日、「ISは劣勢となるなかでIED(即席爆発装置)や壕(ごう)、トンネルを活用して防御を強化している。これらを排除し、攻勢を維持するのに適した兵器だ」とモアブ使用を正当化する声明を出した。

 ただ、米メディアでは、地下ト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら