[PR]

 千葉県我孫子市の草むらで3月、ベトナム国籍で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)=同県松戸市六実(むつみ)5丁目=の遺体が見つかった事件で、県警捜査本部は14日午前、リンさんの自宅近くに住む渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)を死体遺棄容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、リンさんが行方不明になった通学路周辺の聞き込み捜査などから、渋谷容疑者が浮上。その後の捜査で、我孫子市の死体遺棄現場の遺留物から採取したDNA型と、渋谷容疑者のDNA型が酷似していることがわかったという。

 松戸市教委などによると、渋谷容疑者はリンさんが通っていた松戸市立六実第二小学校の保護者会「二小会」の会長を務めている。自身の子どもも同じ小学校に通っているといい、通学路での児童の見守り活動にも参加していたという。

 事件が起きたのは3月24日午前8時ごろ。この日は修了式で、リンさんは小学校に行くため家を出た後、学校に着くまでの間に行方不明になった。家の防犯カメラには黄色い帽子をかぶり、赤いランドセルを背負って1人で歩く姿が映っていたが、900メートルほど先の通学路に設置された防犯カメラには映っていなかった。学校近くで見守り活動をしていた住民も目撃しなかったという。

 リンさんの遺体は2日後の26日午前6時45分ごろ、自宅から約12キロ離れた我孫子市北新田(きたしんでん)の橋の下で見つかった。周囲にランドセルや帽子などの所持品は残されていなかった。首に絞められたような痕があったことから、県警は殺人・死体遺棄事件と判断。我孫子署に捜査本部を設置した。司法解剖で、死因は窒息死の可能性があるとされた。

 翌27日には遺体の遺棄現場か…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら