【パノラマ写真】長浜曳山まつりで勢ぞろいした13基の曳山=細川卓撮影
[PR]

 昨年12月にユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された滋賀県長浜市の「長浜曳山(ひきやま)まつり」は本日(ほんび)の15日、登録を祝って、曳山全13基が11年ぶりに勢ぞろいした。

 午前中から長浜八幡宮に出番山と呼ばれる4基が並び、子ども歌舞伎が奉納された。きらびやかな衣装の子ども役者が曳山の舞台で芸を披露。詰めかけた観客から大きな拍手がわき、「待ってました」と威勢のいい掛け声が飛んだ。夜には4基を含む13基が御旅所(おたびしょ)に勢ぞろい。明かりをともした曳山のちょうちんが幻想的に輝いた。

 長浜曳山まつりの子ども歌舞伎は、登録を記念して7月9日、東京都千代田区の国立劇場小劇場での公演が予定されている。(田中昭宏)