[PR]

 2009年に埼玉県や東京都などで起きた男性3人の連続不審死事件で、殺人罪などに問われた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)を死刑とした一、二審判決が確定する。最高裁第二小法廷(小貫芳信裁判長)が14日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。4人の裁判官全員一致の意見。

 判決によると、木嶋被告は婚活サイトで知り合った40~80歳代の男性3人と真剣な交際を装い、多額の金を受け取っていた。09年1~8月、交際を巡るうその発覚を逃れるため、3人を睡眠薬などで眠らせて練炭を燃やし、一酸化炭素中毒などで殺害した。

 木嶋被告の殺害行為を裏付ける直接的な証拠は乏しく、被告は公判で、殺人について一貫して無罪を主張した。第二小法廷は、被告が死亡直前に被害者と2人で行動していたことや、被害者に自殺の可能性がなく、死亡現場にあったものと同じ練炭やコンロを購入していたことなどから、「被告が犯人であるとするのが合理的だ」と認めた。

 その上で、「ぜいたくな暮らしをするため、自殺に見せかけて殺害しており、計画的で悪質だ」と批判。「刑事責任は極めて重大で、死刑はやむを得ない」とした。

 被告は逮捕前、自らのブログを「かなえキッチン」と名付け、手料理のレシピなどを紹介していた。拘置中も、知人の助けを受けて別のブログを開き、託した手紙などを掲載。二審判決後に結婚し、現在は養子縁組で土井姓になっている。(千葉雄高)