[PR]

 様々な理由で家庭での学習が難しい子どもたちに、ボランティアで勉強を教え、学習後は夕食を提供する。こんな取り組みを高崎市のNPO法人の無料学習塾と、子ども食堂の運営団体が連携して進めている。県もそうした活動を支援しようと、ボランティアの人材バンクを今年度から始める。学びと食事を提供し、子どもたちが安心していられる居場所づくりだ。

 「これ、試験に出るからしっかり覚えてね」

 問題集を広げる中学2年の女子に高崎経済大学の女子学生が声をかけた。高崎市下小塙町の「学習塾HOPE」高崎本校で週3回ある無料学習塾。午後6時半、10人ほどの小中学生の横にボランティアの学生や主婦らが一人ひとり座って教えていた。

 HOPEは2012年、元高校…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら