[PR]

 15日に行われた福島競馬で木幡兄弟3騎手がそろって勝ち星を挙げた。騎手3兄弟が同じ日に勝利したのは中央競馬では史上初めてだった。

 まず第2レースでブライティアサイトに騎乗して1着になったのは長男の初也(22)。第6レースで次男の巧也(20)がウインベラシアスで逃げ切り勝ちしたのに続き、第7レースでは三男でルーキーの育也(18)がオージーアイドルで3月のデビュー以来26戦目にして初勝利を飾った。育也は「すごくうれしい。勝ったんだと実感しています」と喜んだ。

 父の初広(51)も現役の騎手で、1日に行われた中山競馬第6レースでは親子4騎手が同じレースに騎乗して話題になった。