[PR]

 卓球のアジア選手権は15日、中国の無錫で行われ、女子シングルス決勝で17歳の平野美宇(ひらの・みう、エリートアカデミー)が世界ランキング5位の陳夢(ちん・む)(中国)にストレート勝ちし、1996年大会の小山ちれ以来、日本勢3人目の優勝を果たした。11―9、11―8、11―7の快勝だった。

 平野は14日の準々決勝で昨年のリオデジャネイロ五輪金メダリストで世界1位の丁寧(てい・ねい、中国)に競り勝ち、この日の準決勝も世界2位の朱雨玲(しゅ・うれい、中国)にストレート勝ちし、中国勢をたて続けに破った。

 男子シングルスは準々決勝で丹羽孝希(にわ・こうき、スヴェンソン)が世界3位の許昕(きょ・きん、中国)に勝って4強入りしたが、吉村真晴(よしむら・まはる、名古屋ダイハツ)は敗れた。男子ダブルスの丹羽、吉村組は準決勝で敗退した。

     ◇

 〈平野美宇の話〉 これが現実か分からない。中国選手には攻撃的じゃなければ勝てない。すごくいい卓球ができた。中国人に3回勝つのはまぐれではできない。そこは自信になった。自分の実力も上がってきたと思う。(共同)