[PR]

 JR九州は7月上旬から、観光列車「あそぼーい!」の定期運行を大分―阿蘇の間で始める。週末を中心に12月まで1日2往復する。熊本地震前には豊肥線の熊本―宮地間を走っていたが、土砂崩れで一部区間が不通になり、主に博多駅を発着する熊本地域外の臨時ルートで運行していた。

 「あそぼーい!」は、子どもの遊びスペースや親子シートがあり家族連れに人気。地震後、定期的に阿蘇地域まで走るのは初めてとなる。大分か別府を出発し、豊肥線を通って阿蘇まで走る。JR九州では、「少しでも阿蘇観光の回復に役立てれば」としている。

 ただ、豊肥線の全面開通のメドはたっておらず、元ルートでの再開は見通せていない。