[PR]

 米中西部オハイオ州クリーブランドで16日、男が通行人の男性(74)を銃で殺害し、その様子の映像をフェイスブックに投稿した。地元警察が発表した。男は発生から丸1日が過ぎても車で逃走しており、警察が連邦捜査局(FBI)と行方を追っている。

 発表によると、男は、スティーブ・スティーブンス容疑者(37)。映像の中で「13人を殺した」と発言したが、2人目の犠牲者は確認されていない。

 容疑者は、殺人の動機について、女性の実名を繰り返し挙げながら関係がこじれて腹が立ったと話した。殺害した男性とは面識がなかったとみられている。

 AP通信によると、映像は約3時間後にネット上から削除され、同容疑者のフェイスブックのページも削除されたという。フェイスブック社は「恐ろしい犯罪だ。我々は今回のような投稿を許さない」との声明を出した。(ニューヨーク=金成隆一