[PR]

 「先発は約束されていない。試合前日まで競争」「競争に勝って先発を勝ち取りたい」……。サッカーJ2大分トリニータの選手に聞くと「競争」という言葉を聞かない日はない。シーズンがはじまった今も定位置争いに終わりはない。

 片野坂知宏監督は競争原理を活用して、チーム全体の底上げを図っている。選手にとってはライバルの存在がモチベーションの源になる。ただ、西山哲平・強化部長は「競争相手がいるからやる気が出るというのではまだまだ甘い」と手厳しい。超一流と呼ばれる選手に共通しているのは、「誰かに勝った、負けたという相対的な世界でなく、自分がどうありたいか」と考えるからだ。

 とはいうものの、西山部長は「僕らが現役のときは言い方が悪いけど、誰かを蹴落としてでも自分が出たいという雰囲気がチーム全体にあってピリピリしていた」とも話す。

 その雰囲気が今のチームに少し…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも