[PR]

 島根県益田市の国道で集団登校の小学生の見守り活動をしていた三原董充(ただみつ)さん(当時73)が車にはねられて死亡した事故で、道路交通法違反(酒気帯び運転)などの罪に問われた同市匹見町、無職山口伊佐男被告(62)の判決が18日、松江地裁益田支部であった。本多健司裁判官は懲役2年10カ月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。

 判決などによると、山口被告は1月30日朝、軽トラックを運転し、横断歩道を歩いていた小学3年の男児と三原さんをはね、三原さんを死亡させた。朝から車を運転するとわかっていながら、前日夜から出発の約4時間半前まで焼酎の水割りを飲んでいた。本多裁判官は「違法性が高く、結果は悲惨で重大」と述べた。