[PR]

 14日から始まる大相撲夏場所(東京・国技館)。この前売り券をめぐって、窓口に並んだファン約200人が誰一人、チケットを買えない異例の事態に陥った。いったい何があったのか?

 「ただ今、当窓口でお買い求めいただける座席はございません」。4月8日の正午前、国技館のチケット売り場のモニターにメッセージが映し出された。窓口ではまだ販売すら始まっていない。

 早朝から列を作り、整理券を手にしたファンは不満げだ。友人と来た年配の女性は「相撲人気は知っていたから買えるか微妙だとは思っていたけど、まさか誰も買えないなんて」。

 実は、窓口販売が始まる2時間前からインターネットやコンビニで販売が始まり、用意された15日間分がすべて売り切れてしまっていたのだ。日本相撲協会は、木戸(売り場)担当の勝ノ浦親方(元幕内起利錦)が早朝から行列の人に完売の可能性について説明し、ネットやコンビニでの購入を促していたという。

 以前は、ネットやコンビニより窓口の方が1時間早かった。希望のチケットは窓口に早く行けばほぼ買えた。なぜ変わったのか。

 国技館である初、夏、秋場所は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら