[PR]

 瀬戸内海の離島、佐木島(広島県三原市)に暮らす農家の浜本健さん(74)は2014年の11月から、隣接する尾道市の離島、百島(ももしま)の百島診療所の次田展之院長(44)に船で訪問診療に来てもらうことになった。

 次田さんは佐木島の他の患者の診療日に合わせ、看護師の田中美紀さん(48)、書類を作成する事務スタッフと一緒に、2週間に1回、訪れるようになった。

 「ご飯は食べられていますか。お薬はちゃんとのんでいますか」

 庭に面した和室で、田中さんが…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも