[PR]

 「名前を呼ぶこと」。2年前の5月、朝日新聞名古屋本社版の生活面「ひととき」欄に、そんな題の投稿が載った。

 書いたのは愛知県江南市の長谷川真知子さん(69)。長年、小学校の教員として教壇に立ってきた。

 43年前の新学期。始業式での点呼のあと、ある女の子がにこっと笑って言った。「あのね、一番最初から私の名前ちゃんと読んでくれたの、先生が初めて」。以来、名前を正しく呼ぶことを教員生活のなかで大切にしてきた――。そんな内容で、最後に女の子の名前をあげて、「元気にしていますか」と呼びかけた。

 東京都世田谷区に住む佐藤誉子(ようこ)さん(52)は、知人を通してこの投稿を知り、当時の気持ちを思い出した。

 小さいころから名前を正しく呼ばれたことがなかった。保育園の卒園式で「たかこ」と間違われ、小学校に入学した後も「何て読むの」と、いつも聞かれた。だから、小学4年の始業式で、先生が「ようこさん」と、すっと名前を読んでくれたのがうれしかった。

 「先生に会いたい」。連絡をとった。

 今年4月、2人は再会した。場…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら