[PR]

 イランの首都テヘランで4月上旬、初めて女性が参加する国際マラソン大会が開かれた。女性の参加者には「イスラム的な装い」との条件がつき、髪を覆うスカーフと、体の線を隠すため全身を覆う服装が義務づけられた。

 イスラム教の戒律が厳しいこの国では、女性は家の外に出る際、スカーフとコート類を着用しなければならない。外国人も例外ではない。

 フランスなどからの参加者は軒並み「記録にならない」と困り顔。だが、地元テヘランの女子高校生(16)は「スポーツにはきつい服装だからこそ頑張って、いい記録を出す」と前向きだった。

 その時、別の取材でイラン人男…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース