[PR]

 中国は20日夜、中国初の無人宇宙貨物船「天舟1号」を、新型ロケット「長征7号」に搭載して打ち上げ、「発射成功」を宣言した。実験室「天宮2号」とドッキング実験などを行う。2022年をめどに完成予定の独自の宇宙ステーション建設へ向け、宇宙空間への物資の輸送技術の蓄積・向上を目指す。

 国営中央テレビなどによると、天舟1号は長さ10・6メートル、直径3・35メートル。約6トンの物資を輸送できる。天宮2号にドッキング後、天舟1号から推進剤を転送し、宇宙ステーション運用に欠かせない補給技術を試す。

 今回、ロケットを打ち上げた南部・海南島(海南省)の文昌宇宙発射場は、昨年から本格運用が始まった。中国の射場の中で最南端に位置し、静止衛星打ち上げに有利とされる。内陸にある他の射場と違い、天津で製造したロケットの海上輸送が可能になり、大型ロケットも発射できる。

 辻野照久・科学技術振興機構特…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら