[PR]

 県の有料道路「富士スバルライン」が20日、約4カ月ぶりに5合目まで全線開通した。晴天に恵まれ、大型バスで訪れた外国人観光客らでにぎわった。

 県道路公社富士山有料道路管理事務所によると、昨年12月12日以降、積雪などで最長でも4合目までしか通れなかった。除雪作業を進め、この日の開通となった。例年とほぼ同時期の全線開通という。

 東京都の伊礼忠行(いれいただゆき)さん(60)は、会社の中国工場の同僚李鋭軍さん(45)と5合目まで観光に訪れた。伊礼さんは10年ぶりで「道路もきれいになり、人も多い」。李さんは快晴の下、山頂を見上げて一言、「きれい」と笑顔を見せた。

 富士スバルラインの営業時間は、4月は午前6時~午後7時。来月以降、順次長くなる。問い合わせは管理事務所(0555・72・1311)へ。