[PR]

 通販大手のアマゾンが21日、野菜、魚、肉など生鮮品を最短4時間で届ける「アマゾンフレッシュ」を始める。配達範囲は都内の一部で、今後拡大する。生鮮品の当日宅配は大手スーパー各社が先行しているが、アマゾンは高級食材の品ぞろえや、深夜まで配達する利便性を売りにして攻勢をかける。

 年会費が税込み3900円の「プライム会員」が対象で、月500円の利用料が追加で必要。送料は1回500円だが、税込み6千円以上買ったときは無料になる。まずは港、千代田、中央、江東、墨田、江戸川の6区で始める。

 大手スーパーは月々の利用料がかからず、送料も1回300円台が中心。料金面ではアマゾンより優位だ。一方、品ぞろえはスーパー各社が最大3万~4万点程度なのに対し、アマゾンは以前から扱うキッチン用品など日用品と合わせて10万点以上。百貨店などでしか買えない人気ロールケーキ「堂島ロール」なども扱う。

 配達の時間帯が広いのもアマゾ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら