[PR]

 福岡・天神の繁華街で白昼に3億8千万円が奪われたとされる事件。福岡県警は現場の状況などから、狂言の可能性は低いとみて、現場から車で逃走した3人組の行方を追っている。

 通報した被害者の男性会社員(29)=東京都足立区=が県警に説明した内容によると、襲われたのは20日午後0時25分ごろ。みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で3億8400万円を引き出し、黒色のスーツケースに入れて店外に出たところで、催涙スプレーをかけられケースを奪われた。

 奪ったのは3人組で、1人は30~40歳くらいのがっちりした体格の男。灰色っぽい上下の作業着に、ニット帽かネックウォーマーのようなもので顔を隠していた。別の1人も男で、黒色の作業着姿に、白いタオルを頭に巻いてマスクをしていたという。もう1人の性別や特徴は不明。

 3人は現金を奪った後、白いワゴン車で渡辺通りの方向へ逃走したといい、捜査1課は付近の防犯カメラの解析などを進めている。

 現場はJR博多駅から2・5キロほどで、福岡市最大の繁華街・天神の一角。商業施設やオフィスビルが立ち並び、すぐ近くには福岡県警中央署や福岡市役所がある。